独身のころと今の使用している化粧品の種類の比較

一言で化粧品といえども種類は沢山有り、スキンケアのもの、メイクアップのものといろいろあります。もっと細かく言うと、洗顔の分野、美白ライン、保湿、ニキビケア、下地、ファンデーション、ポイントメイクなどなど、きりがないくらいです。独身の頃は肌が乾燥していたので、保湿メインの化粧品を使っていました。ニキビはあまりでないほうだったのです。独身のころの化粧品は、メイク落としから始まって、洗顔、お風呂のマッサージパック、保湿化粧水、乳液、美容液、とあらゆるものをしっかりと使っていました。


さらにメイクをするときも、下地、ファンデーション、お粉、ポイントメイクなどたくさんの種類のものを使っていました。あえてたくさんの化粧品を使っていたようにも思います。そんな私でしたが、子供ができ、子育て、家事などとひび慌ただしくなるにつれて、スキンケアや、メイクアップに使う化粧品の種類もだんたんと少なくなってきました。ここ何年かは、BBクリームのような機能性ファンデーションなどもでてきたので、メイクはそれと、ポイントにチーク、眉毛、アイライン、たまにアイシャドウといった感じの仕上がりになってきました。メイクに使う種類が減ったことで、洗顔の時もオイルくれんじん具を使わなくても洗顔だけでメイクが取れるようになり、さらには、オールインワン美容液なども沢山でてきたので使うようになったので、独身のころからすると本当に時間も種類も少なくなったと思います。ちなみに独身のころは保湿メインでしたが、年齢とともに気になるところは変わってくるようで、最近ではシミが薄くなるように、美白効果のあるものを使うようになりました。今使っているオールインワンの美容液は、なんと保湿、小じわ、シミにきくような成分が含まれているそうなので、まいにち自分がきになっているシミがどれくらいうすくなっていっているか見るのが楽しみになっています。


あと小じわに効くとも書きましたが、本当に小じわにきいているようで、肌がプリっとしています。子育て中はそんなに自分の時間が取れることがないので、こういった機能性のある化粧品や、入浴タイムでできるスキンケアなどをフル活用して、日々頑張っています。化粧品の種類で、ボディケアのものも含まれると思うのですが、お風呂上がりに保湿クリームを塗って、冬のガサガサ肌対処をしています。これくらいはしておかないといけないかなと思っています。

Blog Home